早漏になりやすいタイプと原因

早漏になりやすいタイプはA型体質だと言われています。
神経質で真面目な人、取り越し苦労の多い人、対人関係の構築が苦手な人、ネガティブ思考な人、などなど。
不安を感じやすい方ほど自律神経のバランスは崩れ、心身は常に緊張した状態となります。
こうした方は血行不良になりやすく、勃起不全も起こりやすいのです。
勃起不全になると早漏を招くことがよくあります。
ペニスが鈍感になり、射精するタイミングを判断するのが難しくなるからです。
まだ射精するとは感じていなくても、実際は射精する一歩手前だったりします。

中年以降の年代になって急に早漏になった場合は、ホルモンのバランスが悪くなっている可能性があります。
更年期は勃起不全が起こりやすく、それに伴って早漏も増えてきます。
生活習慣が乱れていると特にリスクが高まるため、生活改善をして様子を見てみましょう。
それで改善しなければ、早漏治療用のクリーム、ED治療薬などを利用しましょう。

若い世代の早漏の多くは過敏性の症状です。
亀頭が粘膜質になり、刺激に対して弱くなっています。
みこすり半という言葉があるように、挿入して数秒で射精してしまう男性もいます。
過敏性の症状は、場数を踏むことで改善するのが普通です。
はじめてセックスをするときは興奮も倍増するため、射精しやすくなるのは当然のことです。
ただ、真性包茎の状態ですと、年齢を重ねても早漏が治らない可能性があります。
亀頭が露出されていないので、刺激に対して常に敏感だからです。
仮性包茎は治療の必要性はありませんが、真性包茎は早期のうちに治療を検討しましょう。
泌尿器科なら健康保険の適用となることが多いので、手術で余分な包皮を取り除いてもらいましょう。

■オススメの早漏治療薬はこちらです
プリリジー
■早漏とEDを同時に治療できます
スーパーPフォース
■緊張・不安・過度な興奮といった症状を和らげる
ポゼット
■早漏が悩みなら改善すべきです
早漏克服