早漏は射精中枢が弱い点、ムズメンで克服

ムズメンは第二類医薬品です。
デリケートな男性の股間や内もも等の症状に効く医薬品であり、今ではインターネット通販でも購入出来ます。
定価が良心的であり、素早くかゆみやかぶれに作用するため、下半身に違和感を感じた時には非常に重宝する一品です。

他にも霜焼けや虫刺され、ただれにも効果を発揮してくれますので、家庭の薬箱に在庫を常に置いておきたい医薬品でもあります。
また主成分としてリドカインという局所麻酔が使われています。

リドカインを含むムズメンは本来的な使用用途の他に、早漏予防としても活用出来ます。
男性器にムズメンを極々少量、散布する事で局所麻酔の効果が亀頭や陰茎に発生させます。

すると、ムズメンのおかげでペニスに伝わる性的な触感が鈍ります。
早漏の原因で最も大きいのが、ペニスの過敏さです。
リドカインが働く事で敏感過ぎるペニスが改善され、ペッティングやピストン時はオーガズムに負けない状態へ変化します。

早漏の男性はオーガズムを人よりも感じやすく、その結果として射精中枢が脊髄反射的に精液の放出を行ってしまうのです。
ムズメン使用によって、言わば適度に鈍感力を持ったペニスに変えれば、女性にペニスを触られた程度では射精中枢の過敏反応は起きません。

脊髄反射的な射精中枢の働きを、毎回予防出来れば自然と脳が学習します。
脳は習慣を守る癖を持っており、自慰や性交で早漏を繰り返している男性の脳は射精中枢のリミットが低めです。
早漏が習慣となっている方こそムズメンを活用し、鈍感力を手に入れる事で、悪い早漏の癖を上書きしましょう。

しかし、ムズメンによって毎回射精中枢の働きを遅くしておけば、自然と早漏が治っていき、いずれは普通に自力だけで快適なピストンが可能になるでしょう。