早漏を克服するために、自分で激しい刺激をする?

早漏というのは男性にとって深刻な問題です。性に関する問題であるし、プライバシーも大きくかかわるために、自分から大きな声で早漏ということを公表する人はなかなかいないですね。しかし決して少ないと言います。分からないだけで、身近にいるのかもしれません。早漏という症状は、性行為を行う場合に、女性に挿入をしてあまり動いていないにも関わらず、男性が射精してしまうということもあります。また実際に挿入するまでの愛撫の段階で男性の性器が限界を達し、挿入をしてすぐに射精をするということもあります。男性にとっては射精を迎えるということなので、快感を得られることですが、女性にとっては、満足できないことかもしれません。そのために、男性も女性に悪いなという気持ちを持ったり、自信を無くしてしまうことも多いのです。女性もそのような男性の思っていることが分かると、なかなか指摘できずに、いることもありますよね。そのような性に関する問題で別れを決意するカップルだっているのです。ではその問題を解決するためにどのようにしたらよいのでしょうか。一つの方法として、普段から少し激しい自慰行為をして、その刺激に耐えるという練習をすることが出来ます。つまり、激しい感覚に慣れるという環境を作るのです。次に性行為をする時に、いきなり激しいことをしないということです。激しいということはとても感情的になります。そのために、勃起をすることやそれを維持することが早漏の場合は難しくなってしまうのです。少しでも射精をするまでの時間を長く持たせたいという場合や、彼女に長く挿入をしたいという場合には、いきなり激しくではなくスローセックスを楽しむのが良い方法です。